うずら卵のカラフルピンチョス

by (一社)発酵ライフ推進協会
  • #副菜
  • #おつまみ
  • #時短
  • #塩麴

良質なたんぱく質源である卵。単調になりがちな‘ゆで卵‘を塩麹の発酵力で美味しく、栄養の吸収率も上がる!ズボラにできて見た目にもカラフルおしゃれなおつまみです。

材料

・うずらのゆで卵  5個(各味ごと)
・塩麹(自家製) 大さじ1

A

(カレー味)
・カレー粉 小さじ1/2

B

(ごま味)
・練りゴマ(黒) 大さじ1
・黒酢 小さじ1

C

(ピリ辛味)
・豆板醤 小さじ1/3
・花山椒の粒(お好みで) 数粒

D

(トマト味)
トマトペースト(濃縮タイプ) 大さじ1

E

(オリジナル)
・塩麹のみ

作り方

  1. A〜Eのうち好みの調味料を準備する。うずらの卵をゆで卵にし、殻をむいておく。

  2. ナイロン袋の中に、塩麹とお好きな味付けの調味料を混ぜる。
    写真は、塩麹+C(ピリ辛味)

  3. うずらの卵を入れ、卵表面全体に調味液をまぶしたら、空気を抜き、袋の口を結ぶ。

  4. 冷蔵庫の中で半日〜1日程度漬け込む。

ポイント

卵を塩麹につけ込むことで、塩麹の酵素が卵のタンパク質を分解し、しっとり濃厚なチーズのような味わいに!
半日~1日で食べることができますが、4日くらい寝かせるとさらに発酵が進み、濃厚になります。漬け込み日数を変えると味が変わって楽しいので、是非お好みの発酵具合を見つけてくださいね♫
塩麹につけ込んだ卵のタンパク質は、吸収がよく、筋トレ中の方にもオススメのおつまみです!

レシピ提供者

清水 マリ
オンラインダイエット"美食動源"主宰/ 発酵ライフアドバイザーPRO.

女性のしなやかなカラダ作りのためのパーソナルトレーナー。女性の美しいカラダ作りに有効な発酵食について、分かりやすくお伝えしています。自身のサロンで開催している「発酵美人の作り方講座」は大人気。

関連レシピ