コーヒー粕で消臭剤づくり

発酵通信

コーヒーを淹れた後の粕には、実は脱臭消臭効果があります。活性炭同様、無数の小さな穴が空いていることでニオイを吸着してくれ、活性炭の2~5倍効果があるとも言われています。

作り方

1.コーヒー粕を完全に乾燥させる。(天日なら1~2日、フライパンで炒ってもOK)

2.乾燥した粕を瓶等に入れ、キッチンペーパーで蓋をして輪ゴムで止める。

使い方

冷蔵庫や靴箱など、ニオイが気になる所に置く。(1ヶ月くらいで交換してください。)


暮らしの発酵通信」14号掲載

<関連記事>

善循環を生む、サステナブルなコーヒー栽培:サンタルシア農園

この記事を書いたライター記事一覧
KAKO(かこ)【里菌】
「暮らしの発酵通信」ライター。「微生物と響きあえば、人も社会も発酵する」私の大好きな言葉です。発酵の力でみんなでhappyになろう!
  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報